中国語速習法「網野式・動詞フォーカス中国語入門」 網野智世子

このサイトは、10ヶ国語プロ翻訳者である網野智世子さんが開発した画期的中国語学習法「網野式・動詞フォーカス中国語入門」のレビュー、特徴、効果などの情報を公開しています。

中国語速習法「網野式・動詞フォーカス中国語入門」 網野智世子



詳細はこちらをクリック


「えっ。1年で中国語のプロになれるって本当!?」


あなたが中国語に興味があるとして、必死に中国語の勉強をしたら、1年でプロ翻訳者やプロ通訳者になれると思いますか?


ほとんどの人の答えは、「ノー」でしょう。


しかし、網野式の中国語速習法なら、十分に可能性があるのです。まずは、この画期的中国語学習法を編み出した網野智世子さんのプロフィールから見てみましょう。


網野さんは現役のプロ翻訳者・プロ通訳者です。しかも、中国語だけでなく、10ヶ国語のプロ翻訳者・プロ通訳者として活躍しています。(中国語、英語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、日本語)


そして、ここからが重要なのですが、これらの外国語をわずか4〜5年で全てマスターしてしまったのです。大雑把に言って、1年で2ヶ国語程度のスピードです。


普通は1ヶ国語でもプロレベルになるには相当な時間がかかります。それなのに、1年で2ヶ国語もマスターするとは!


実は、網野さんの外国語学習のノウハウは言語によらず共通しています。枝葉の部分は言語によって異なりますが、一番大事な外国語習得の幹の部分は中国語でも他の外国語でも同じなのです。


その一番大事な幹の部分とは、動詞を中心とした勉強を行うことです。


日本語は世界的に見ると珍しい言語で、動詞の地位が極端に低いのですが、多くの外国語では動詞の地位がはるかに高いのです。


例えば、


「田中さんは足が速い。」


という文には動詞がありません。「速い」という形容詞が動詞の代わりをしています。日本語としては普通の文ですが、このままの形では動詞の地位が高い外国語に訳せません。


そこで、


「田中さんは速く走る。」


のような形にして訳さないとならないのです。


中国語やその他多くの外国語では、動詞が置かれる場所が日本語とは異なります。これは誰でも知っていることですが、それ以前に文の表現方法自体が異なるのです。このギャップを埋めるような方法でないと、中国語(や他の外国語)を効率的に習得できません。


この点に着目した中国語学習教材や中国語学習法は世の中にほとんどありません。「日本人は動詞の使い方に弱い」という事をハッキリ言っているのは、網野さん以外にほとんどいないのです。


まず、動詞を攻略すること。それが短期間で中国語を習得する方法です。「中国語習得のコツ」とでも言うべきものです。


中国語の効率的学習法をさがしている人は、一度、網野式の語学習得法「動詞メソッド」を体験してみてください。



詳細はこちらをクリック





このサイトは、10ヶ国語プロ翻訳者である網野智世子さんが開発した画期的中国語学習法「網野式・動詞フォーカス中国語入門」のレビュー、特徴、効果などの情報を公開しています。




即効性のある「TOEIC短期スコアアップ講座」 内容と効果


「パク・ナヨンの韓国語速習プログラム」 内容と効果


リスニングパワーTOEIC スコットペリー レビュー


網野式・動詞フォーカス中国語入門 中国語速習法 網野智世子 レビュー